高血圧は病気を引き起こす元|元凶を断つには

シニア女性

原因を知れば予防できる

和食

高血圧の原因は血管の老化や塩分の過剰摂取、ストレス、運動不足、肥満などが主な原因です。このことから、塩分を控えた食事を心掛け、ストレスを溜めないようにしましょう。また、適度な運動をして、食物繊維や野菜・大豆を積極的に摂取することで高血圧を予防することができます。

Read More

食事で血圧を下げる

食べる女性

塩分摂り過ぎに注意

高血圧はそのまま放っておくと継続的に臓器や血管に負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中、腎不全などの病気を引き起こしやすくなります。このような病気にならないためには、なるべく早めに血圧コントロールを始めて高血圧を改善し、適正値を維持することが重要です。高血圧は塩分の過剰摂取や肥満など長期間の食習慣が深く関わっています。そのため血圧を下げるには食生活を改善する食事療法が必要不可欠です。塩分の摂り過ぎには注意しましょう。自炊でも外食でも常に減塩を心がけてください。しかし、毎日同じような薄味の料理では飽きてしまいます。塩分控えめでも香りと酸味を活用して、バリエーション豊かな味付けになるような献立にすると満足感が得られます。

血圧を上げる食生活

干物や漬物、味噌汁、甘辛い味付けの料理、麺類、丼物を良く食べる人や、何の料理にも必ず醤油やソースをかけて食べるという人は、塩分の多い食事を続けている人は、血圧を上げやすいです。毎日同じような食事内容の人や、朝食を食べない、肉を良く食べて野菜や魚はあまり食べない、スナック菓子やインスタント食品を好んでよく食べるなど偏食しがちな人も高血圧になりやすい食生活をしています。また20歳の頃よりも体重が5kg以上増えているか、BMIが肥満傾向にある人も高血圧になりやすいです。このような人たちは、まずは減塩からスタートして、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。肥満している人は標準体重に戻る食事量にしましょう。

健康と食事

料理

高血圧に悩む人は、食事に含まれる塩分や脂質に気をつけて食事をする必要があります。自分自身で塩分量などの調整や調理が難しい場合には、高血圧の人向けに作られた病食の宅配サービスなどを利用することもできます。

Read More

健康を維持する

食事

高血圧の人にはナッツ類に含まれるマグネシウムが効果的です。血管がやわらかくなり、血液の流れも良くなります。大豆も悪玉コレステロールの酸化を抑える効果があり、高血圧の人に最適です。自分で料理をする人も病食の宅配を利用している人も、意識して取り入れましょう。

Read More